求道blog

一ヶ月ぶりのブログ更新

Posted in 雑記, 警察・司法 by UBSGW on 2009年10月17日

「ごめんください〜・・・・」。とと、一ヶ月も放置してたせいか、我が城のはずなのに何となくよそ行きの気分になるなぁ。
季節が変わろうと政権が替わろうと、こちとら何にも替わらず日々細々と生きております、はい。金にもならないことにかまけてブログの方もご無沙汰しておりました。「あ?地方分権??寝言言うなぃ」などと言ったばかりに土人の闇討ちにあったわけではありませんのでご心配なく。と、またなんだか憎まれモードになりそうなので気をつけとこう。
実際、しばらくブログを更新していなかった理由はそこらへんにあるのでした。つまりこのところなんとなく生来の毒舌に歯止めがきかないような「勢い」があったため、敢えて衆人環視のブログに書くことを避けていたのであります。どうやらまだその気配があるようなので今日は安全運転に徹することにする。毎回毎回うるさく書いてオオカミ少年見たくなりたかないので、何事も潮時を見極めながらやってゆくつもりであります。

さて、ここ一月の間の大きな出来事といえば民主党政権の誕生(遅れちゃってる?)ということになろうけれど気になるのはやはりその行く末(政権の行く末ではなくそれによって生じる変化の行く末)であって、ぼちぼちその方向性が見えてきたように思われる。そして新政権誕生という出来事自体はもう風化しつつあるということ(当然か)。したがって政治云々について書くことはしない。ではこの一ヶ月の間に何を考えていたのであるか・・・と自問してみるが、やはり大したことは考えもせず行いもせずという結論に達する。書も読まず映画も見ずウェブ上のやりとりにもいささか食傷気味で、唯一テレビで水谷豊の単発ドラマ「誰かが嘘をついている」を見ただけの一月であった。よってそれについてひとこと。

作り話を大まかに二分して、一つは実際よりも大げさに描くものと実際の話を(なんらかの都合に合わせて)一部だけ作り出してみせるものとに分けてみた場合、このドラマは明らかに後者であった。唯一、ドラマのクライマックスで偶然に「無罪の証拠」が発見された事なきを得る、という箇所のみは前者(ま、ふつうそんなことは有りえんだろという部分)であった。ただ、「無罪の証拠」がなければほぼ確実に有罪になってしまう、というドラマの台詞はまさしく現状を端的に表現していたと思う。同じくドラマの台詞にあったように、やっていないという証拠がなければ有罪とされるのは作り話でも何でもない事実であることは疑いを入れない。その点、先日出た福島県知事の「汚職事件」の高裁判決もまた興味深いものであった。一部で国策捜査と非難されているらしい福島の事件では東京地検特捜部が非難の矢面に立っているが、ことは既に東京(中央)だけにとどまらず地方に於いても同様である。それはかならずしも国策捜査ということではなくて、あらかじめ作成されたストーリーに物事を強引に押し込めるあれこれという意味である。

以前このブログで対話とディベートについて書いたことがあった(*1)が、まさしく相手をたたきつぶすためだけのディベート、それも相手方の手足を縛り上げ口をふさいだ挙げ句に為されるディベート(それをディベートと言えるかどうかはともあれ)が今の日本社会におけるデファクトスタンダードとなっている。(はなしはさらに広がるが)そうした状況下に取り調べ可視化への反対者から為される「信頼関係構築論」(*2)はもうブラックジョークでしかない。

国家にしろ組織にしろ個人にしろ、過去の失敗から学ばず、体面も権威も世論の支持をも失わずにどうにか切り抜けようとする行き方は、早晩行き詰まることになるだろう。実際のところそうした行き詰まりを薄々感じている者はその失地を何とか回復しようともがけばもがくほど窮地に陥るであろうことに一日も早く気づいた方がよいと思うが、金銭に対する欲望に見られるが如く、およそ欲望といったものはそれが何に対するものであれ限度というのを知らないことも多分事実に相違ない。私だって脛はそれほど綺麗じゃないからね、それくらいのこたあ分かりまさぁね。
こういう物言いを見つけるや否やまるで鬼の首でも取ったみたいに訳知り顔で語る奴は逝ってよし、だぜ、佐藤さん (( 元福島県知事佐藤栄佐久氏のことではない )) 。

(追記)
フィードを一部配信から全文配信に戻しました。

広告

痴呆地方の大合唱

Posted in 雑記, 行政, 政治 by UBSGW on 2009年9月17日

今日9月16日、鳩山新政権の発足した。新閣僚のメンツを見る限りとても清新な印象だとは思えないが、あの安倍内閣ですら「清新」イメージで売っていたのを考えてみれば、強いてそう言って言えなくもないのか。8月末の総選挙以降今日まで、ときどき新政権移行についてのニュースを見聞してきた。それらについての感想らしきものをここにメモしておく。

ほんの2.3年前まで、日本列島では構造改革の大合唱が聞こえ、誰も彼もがそれを「良きこと」のように言い習わしていた。むろんそうでないものもありはした、いはしたけれどそうした声はたいてい多勢の声にかき消されがちであったと私は記憶している。構造改革を念仏のように唱えて前々回の総選挙に大勝した小泉首相の時代には構造改革が主旋律を奏でて、安倍時代には国家主義がそれに取って代わり、参議院選挙での自民党大敗をしおに政府与野党地方自治体上から下までセーカツシャ・チホーの大合唱、リーマンショックその後の景気後退も相まって「地方の・・・ために」「庶民の・・・・のために」という言い分に異論をぶつけることがはばかられるような空気が、そこはかとなくただよっている。いつものことながら、「あれかこれか」「右か左か」「猿かチンパンジーか」をヒステリックに騒ぎ立てて、我が田に水を引こうとする理屈ばかりが耳に入ってくる。「地方の疲弊は深刻なんじゃ!」「そうしないと生活できんのじゃ!」と言われたら「はぁ、そうですか」と答えるしかないわけだが、それならばその「地方」「生活」とはいったい何なのだ?ということをもう一度考えてみたいと思う。

民主党が政府の無駄遣い撲滅を旗印として本年度の予算執行の一部停止を持ち出したことに対して地方は予定通り執行する、いまさら(金は)返さない等々愚図愚図とした文句を言っている。返さない・返せない理屈はいくらでもつけることができるわけなので、それについてあれこれ言うことはしない。ただ、地方の首長にせよ議会にせよ、子供じみた物言い・振る舞いはいいかげん目に余る。

定期便ゼロの危機 日航が松本空港撤退検討
経営再建中の日本航空が、12年3月末までに県営信州まつもと空港(松本空港)の路線運営からの撤退を検討していることが明らかになった16日、関係者に衝撃が走った。同空港で定期路線便を就航させているのは日航だけで、撤退となれば、300億円以上をかけて造った県民の空港から、定期便が姿を消す事態になる。
 松本空港の定期便は、大阪(伊丹)便が毎日、札幌便が週4日、福岡便が週3日あり、いずれも日航グループの日本エアコミューターが運航している。だが、今年7月の利用率は伊丹便で39・5%(前年同月51・6%)、福岡便で45・3%(同46・2%)と低迷。札幌便も76・0%(同84・7%)にとどまる。
(中略)
 県内の関係者は戸惑いを隠せない。村井仁知事は16日、「まったく聞いていないのでコメントしようもない。松本空港と日本航空は、これまで運命共同体的にやってきた。不採算の便が議論になるのは当然だが、縮小すればいいというものではない」と話した。
 県交通政策課の小林利弘課長は「日航が持っていた国内の航空ネットワークが地方に果たした役割は大きい。国、地方も含めて、これをどう維持するのかという議論も進めて欲しい」と訴える。雇用への影響についても「松本空港には地元の従業員も多い。影響は大きい」と心配する。
(以下略)

asahi.com

談合が発覚して指名停止になった土建業者が「現下の経済情勢下、従業員への影響が大きいので指名停止を解除してもらいたい」などと居直るいま、この松本空港の記事の中にも雇用・従業員への影響甚大をあげて難色を示している。ご承知の通り、似たようなことはこの件に限らずともいま日本全国津々浦々首長議会住民が口にする(と報道されている)。理屈はどこにでもつく・つけれられる。需要が少なく経営が成り立たないと分かっていながら無理矢理公金を投入して建設した空港が日本にはいったいいくつあるのだろうか。また空港以外に同じように甘い需要予測・過大な経済効果予測・公共投資という名目の土建業者経由政治資金調達がらみの案件はどれほどあったのだろうか。おそらく数え切れないほどある。そして経営余力の乏しくなった民間企業が撤退を口にしたとたんに「不採算の便が議論になるのは当然(経営の効率化はそりゃ大切)だが、縮小すればいいというものではない(俺らんとこでやられちゃ困るぜ)」とくる。いささか意地悪な書き方をしてしまったが、この知事さんの正直な気持ちであろうと思う。そしてこれは何も長野県だけの話でないのはおよそ想像がつく。放漫財政・国や官僚のやっていることと寸分違わぬ天下り、地方でもやっていることは当然のことながら「ミニ日本」であって、とてもではないが国ばかりを批判できそうもない。しかしなぜか今、「地方」を語れば桶屋が儲かる。

まとまりがなくなってきたので切り上げるとする。
金がないから財源をよこせ、という前にリストラ・緊縮財政・天下り廃止など地方自治体・議会がやるべきことは山ほどある。
「分権なんざ百年早い。顔あらって出直せしてこい

すると自治体は恐らくこう言うだろう。「じゃ、財源が無いから行政サービス切り下げます」と。
そして住民はといえば、「財源のない自治体の行政サービスが低下するのは当然だが、切り下げればいいというものではない」と乾いた声でぼやくも、その言葉を聞いてくれる者はもはやどこにもいない、ということになるのだろう。

Tagged with: , ,

ながいつぶやき

Posted in 政治 by UBSGW on 2009年8月9日

なけなしの財源を旧態依然のばらまき政策で費消した政党の党首が”責任能力のある政党”だかを主張する説教強盗的滑稽さ、とうに旬を過ぎたゲーノージンの薬物使用疑惑で特番まで組んで大騒ぎする白痴的滑稽さ、昨日自分が言ったことも記憶してないかのような刹那的な生き様こそがまっとうな生き方でもあると言わんばかりのあれこれに、べつだん文句は言わない。やはりもう既に後戻りの出来る地点ははるか彼方に過ぎ去ったのだろうと思うだけで、それ以上何も言うことはないね。

次期政権党の呼び声高い野党もまた、ドブ板選挙などと称して既成の利権団体にすり寄ることで、”責任能力のある政党”との差異を希薄化させて、結局、総選挙の結果は人が言うほどの新しさは無いのではないかという思いが日々募る。もし驚くべき事態が生じるとするならば、むしろ選挙の後だという気もする。民主党分裂!とか。所詮は烏合の衆・・・かもしれない。
「白い猫でも黒い猫でも、ネズミを捕る猫が良い猫」だ。

いっぽう、地方の首長たちがブンケン分権と寝言のように繰り返しているのもどこかに滑稽さがつきまとう。財源をよこせ、でないとうちの自治体破綻しちゃう、とさ。「地方自治」という化けの皮を被った半端な地縁血縁共同体なぞさっさと潰してよし。首長・議員・公共工事にすがる利権企業団体、その整理はいったいいつやるのか、それともやらないのか。これまた説教強盗の臭いが強い。国がやろうと地方がやろうと、利権あさりの挙げ句は財政破綻に決まっている点で違いはほとんど無い(但し、収入が増えないとすればのハナシ)。この点。課税はたまた苛税でその破綻が先送りされるであろうこともまた疑いが無い。
まあ、そんなことはどうでもいいがメモついてに書いておくとする。
結論としてはやはり「白い猫でも黒い猫でも、ネズミを捕る猫が良い猫」だ。

で、最近読んだ本。

  • オルテガ・イ・ガセット『大衆の反逆』(ちくま学芸文庫)
  • ハックスリー『すばらしい新世界』(講談社文庫)
  • 田中清玄ほか『田中清玄自伝』(ちくま文庫)
  • 木村達雄『透明な力〜不世出の武術家佐川幸義』(文春文庫)

りきんだ力なんて自分が感じるだけで相手になんら影響を与えない。単なる自己満足だ

木村達雄『透明な力〜不世出の武術家佐川幸義』
ああ、スッキリした。

ながいつぶやき はコメントを受け付けていません。