求道blog

読書感想文の呪い

Posted in 日本文学一般 by UBSGW on 2007年8月26日

子供を本嫌いにさせるには読んだ後に必ず読書感想文を書かせればよい、と言ったのは誰だったろうか。どこかの小説家だったかそれとも意外に身近な人物だったのかは覚えないが、その言葉を聞いたときに私は深く深くうなずいたような気がする。まさにその通り、と。

そのむかし、学校で(あるいは宿題として)詩や小説を読み終えたあとに私が書いた「かんそー文」は文字どおりの「作文」であった。「主人公の力強さがグッときて云々かんぬん」「私も彼のようにどーたらこーたら」、まあそんなことを書けば評価されるものだと信じていた私は本音とは程遠い”作りもの”の文章ばかりを始終でっちあげてそれなりの”成果”をあげていたのであった(笑)うん、結構作文の成績は良かった気がする。そんな風に小賢しかった私があるとき渾身の力を込めて小説かなにかの感想文(小説、じゃないですよ)を書いたことがあった。それはおそらく私にとっては自ら書きたいと思って書いた最初で最後の読書感想文であったが、それを読んだ国語教師は「手を抜くんじゃない。かきなおせ!」と至極真面目な顔で仰られた。おそらくは、常日頃だらけるばかりで一向にやる気を見せないガキに「ちょっとここらで喝いれとこか」くらいのことだったようにも今なら思えるのだが、お猿さん当時の私は「っにぉぉぉお!」と臍を曲げて以来感想文と名のつくものは一切「作文」、いや「作”感情”」に徹し、その後も必要最低限の文章(それをせねば路頭に迷うことになるような、書くことやむをえざる文章)は徹底して主観を排した(主観的には)デューク東郷ばりにクールな文章を書くことに徹したのでありました。したがってまた「なーに?ネットで日記公開だぁ?んな小っ恥ずかしいことできるかってんだーぁ」というのがつい1年半ほど前までの私の確たる信念(?)であった(それがいまは独り言ばかり書き付けて・・・)。

また前置きが長くなっている。

まぁ、そもそもつまんないもんを読んでみてもやっぱりつまんねぇし、感想ってもそりゃ書けませんやね、ということですかね。便秘の人間に「出せっ出せっ」つうても無理なんじゃわな。そういうわけで学校で感想文を書けば書くほどに青少年たちはまるで下剤を大量にのんだ者のようにその調子を狂わせていくのであった(ほんとかどうか知りませーん)。

いやいや
しかしであるよ。
書く。書きたい。書かせておくれ。読んでくださいませ。頼むよおっかさん。そういうこともやはりあるのです、ハイ。

村上春樹『ねじまき鳥クロニクル』三部作。

「ええぇ、村上さん、94年にもうこんなん書いたのおおおおぉ・・・」「もっと早く手にしていればなぁ・・・(遠い目)」

というのがこの本を読んだ私の感想です。

「あれがこうだ」「だからそうなった」というのは、ちょうど電子レンジに「茶碗むしのもと」を入れてスイッチを押して、チンと鳴ってふたをあけたら茶碗むしができていたというのと同じで、ぜんぜんなんの説明にもなってないんじゃないかしら。

私たちのまわりからはたしかに意味のない無用な暴力は姿を消しました。そのかわりにそこには新しい種類の冷酷な計算ずくの暴力が生まれたのです。

前置きが長くなりすぎてもう息切れ。またいずれ。御免。

広告
Tagged with:

読書感想文の呪い はコメントを受け付けていません。

スプートニクの恋人

Posted in 日本文学一般 by UBSGW on 2007年5月29日

さて。
4月以降私の頭は乾燥注意報発令中です。書くときも話すときも言葉がどうもスぅッと浮かんできませんで。頭をすごくぶ厚い紙(イメージはぶ厚すぎるコーヒーフィルタ)で覆われているような気分。言葉がポタポタ落ちてくるまでかなりの時間がかかります。
Cool Sea。
もっとも体の方は元気いっぱいですが。いろいろ仕込みに励んでおります。
そんな乾燥状態ですが(ですので)、以下、小学生なみの読書感想文を。

(と、宣言してしまうと後の文章がまた出てこなくなって・・・。)
もう読んでから結構時間が経ってしまった二冊。
一冊目はコレ。
[amazon asin=’4062731290′ type=’banner’]

小学校教師の主人公が行方不明になった女すみれを探しにギリシアへ。村上のエッセイ『遠い太鼓』に描かれた情景がそのまま出てきてた。
ああ、焼き魚が食べたくなってきた(『遠い太鼓』にギリシアの焼き魚の話が出て来るのですよ)。

しかし村上作品は(今までに読んだ限りでは)どれを読んでも「おお、そうだ。そうなのだ。同じ人がここにも居た」と思わせる箇所が必ずある。たぶん村上作品を読む多くの人がそう実感されているのではなかろうか。間口が怖ろしく広い。誰もがそれぞれ彼の作品のどこかの箇所で「おお、まさに・・・」。もちろん各々の辿ってきた人生は千差万別なのだから誰もがみんな同じ箇所で「ピン」と来るわけはなく、それぞれが村上の紡ぐ物語から各自勝手気ままに好きなものを読み取る。読み取ることが出来る。極端なはなし、村上作品にストーリーはいらない。パーツのひとつひとつが立ってるから。
・・・・・・
ん、でもやっぱしストーリーがなかったら人は読まないんだよね。読めない。いくらパーツが好みのものでもストーリーがないと(ストーリーが読み取れないと)これが読めない。あたりまえか。

考えてみれば、自分が知っている(と思っている)ことも、それをひとまず「知らないこと」として、文章のかたちにしてみる——それがものを書くわたしにとっての最初のルールだった。「ああ、これなら知っている。わざわざ手間暇かけて書くことないわね」と考え始めると、もうそれでおしまい。わたしはたぶんどこにも行けない。

うーん
確かに最近のわたし、どこにも行けておりません。書いていないもので。昨日は松岡農相、今日はなんとか機構元理事の自殺にはいろいろ考えさせられるがこれについてはまたの機会に書きたいと思います。しかし安倍さんは驚くべき天運の持ち主かもしれぬ。この点、祖父の岸信介に勝るとも劣らぬのではなかろうか。緒方竹虎・石橋湛山の相次ぐ死・罹病で漁夫の利(?)を得た岸。一方、今回の松岡氏の自殺が台閣への大打撃との観測もある安倍氏にとっては(結果的にせよ)一種の「損切り」であったと見るのは非情に過ぎるだろうか。
なんにせよ事が不適切な会計処理あるいは談合に止まるのならば、人ひとり(ふたりでも三人でも)の命と引き換えにせねばならぬほどのものではないようにも思える。だってそんなもんイマドキ(今も昔も)ありふれてますもんね・・・情けないことだけど。この件に限らずともまあ、いろいろと表だっては取り沙汰されない事情があるのだろうと思っておきます。

新聞というのはどこでも同じね。ほんとうに知りたいことは書いてない

ついでにといってはなんですがこれも。
[amazon asin=’4043437021′ type=’banner’]
どこまでほんとでどこからがフィクションなのか見分けが付きません。エッセイのようで極く短い短編のようで・・・。暗い話ばっかしだし。でもズルズルと最後まで読む。
うーむ。わからん。わかるけどわからん。なんとはなし「キワドイなぁ」というところ。

先日読んだ佐野眞一『阿片王~満州の夜と霧』について近日中にupの予定です。いや~面白かった。岸さんはおこぼれに与っただけなのだとか。里見甫という人物についてはまったくの初耳でした。労作。

Tagged with:

スプートニクの恋人 はコメントを受け付けていません。

黄金週間に読んだ本

Posted in 書籍一般 by UBSGW on 2007年5月6日

遁世に徹した黄金週間。
転がっていた本を片端から読み飛ばし、意想外の掘り出し物に出会う。至福。

まずは一冊目。今まであまり触手が伸びなかった村上龍。
表現者としての特異な才能を持った女性と中年男との関わり合いを通して現代社会の病巣を描こうとした作品。物語としての構成はともかくその問題意識には共感するところ多し。

その中から何かが生まれてくる可能性のあるムダじゃなくて、ムダだということを知らずにやり続けるムダだから、そこには何もない

言ってみれば子供はみんな軽い神経症なんだ、その神経症を治そうとせずにほとんどの人は、より大きな神経症的な集団に同化することで解消しようとする

[amazon asin=’4062649144′ type=’banner’]

次。著者の顔が見えてくるようなイキのいいエッセイ。
[amazon asin=’4877285865′ type=’banner’]

はい、次。いわずとしれた辺見庸のルポ。
”自虐的”文体といえばそうかもれない。
イマドキ流行らない「自虐」なのかもしれないが、そこらの「オレ様」文体なんぞ読む気もしねぇ。自虐は自省に通じるぞ。自虐史観だの猿岩石だのと一緒にされてはたまんねえよ。

[amazon asin=’4043417012′ type=’banner’]

そして次。これまた言わずと知れた城山三郎の名著。生一本・不器用極まりない高級官僚の栄光と挫折。たしか中村敦夫主演でNHKドラマになったはず。なぜか妙に記憶に残っている。あれは中村のハマリ役だったなあ。
城山作品の多くは、ある個人を主題に取り上げつつも必ずといっていいほど個人と組織との関わりという副主題が浮かび上がってくる。
著者の冥福を祈りたい。

[amazon asin=’4101133115′ type=’banner’]

最後の次。これまた言わずと知れたゲーテの自伝。10年ほど前に手にしたときはさほど面白いとも思わなかったが、今回改めて手に取ったらまるで病み上がりにお粥を食ったときのように身にしみた。切り落としの肉のような村上の『ストレンジ・デイズ』とは対照的といえばとても対照的な印象ではあった。しかしこの本もまた品切れ。読みたい古典の多くは大抵品切れ。そういえばこの本もリクエスト復刊のときに入手したはず。なんと良書の稀少であることよ。

と、つらつら思いつきを書き連ねるばかりでは・・・いかんね。
ともあれ黄金”読書”週間はかくして過ぎぬ。

[amazon asin=’4003240693′ type=’banner’]

Tagged with: ,

黄金週間に読んだ本 はコメントを受け付けていません。