求道blog

3・11

Posted in 備忘録, 歴史カテゴリ by UBSGW on 2011年4月24日

3・11以後、なかなか区切りがつかぬままの事態を、口にする言葉も見つからないままただじっと、日本の端から見ていた。最近になって「危機対応から復興へ」などという意外な言葉が聞こえ始めたので少し書いておきたいと思った次第である。

3・11震災以来の日本が直面している事態は史上初の原子爆弾投下とそれに続く敗戦に似ている、と言われれば確かにそのような気がしないわけではない。そう、たしかに今回の地震と津波及びそれによって生じた福島県の原子力発電所の危機的事態と、成り行き任せで突入した挙げ句に破滅的な敗北を喫したあの戦争とを並べてみると、ひとつには日本人の誰もそれを望んでいなかったという点に、そしてもう一つには日本の将来を大きく変える出来事であるという点に共通したものをみることはできるだろうし、無力化した議会政治と後手後手に回る行政の対応もまたそうした見方を強化するかもしれない。

しかし私にはどうもそうした類比は些か無責任な傍観者的見方であるか、あるいは震災復興が視野に入り始めた現時点の状況に我知らず引きずられたひどく楽観的な見方であるように感じられる。考えてみれば分かるように、1945年のそれは(少なくとも当時に於いては)「暗から明へ」の転換点であった。しかし今回の特に福島の原子力発電所の危機はむしろ「明から暗へ」の転換点であるところが異なっており、むしろ1945年と2011年のそれぞれの「破局」は全く正反対の内実を持っているように私には思われる。

3月11日の震災以前からの状況、そして震災から約1ヶ月半が経過した今日までの政府対応や政治情勢その他から推測するに、日本という「患者」の症状は今後さらに重篤なものになると私は見ている。その見方は、仮に「フクシマ」の事態が今以上に悪化せず、あるいは徐々に改善するのだとしても全く変わらない。そしてもちろん、日本が「フクシマ」の鎮静化に失敗でもすれば、その影響は文字通り計り知れないものとなるのは改めて言うまでもない。繰り返して言うが、「フクシマ」が鎮静化しても危機は終わらない。いま、そこで危殆に瀕しているのは日本に住む人々のうちの一部分であるが、今後の日本が直面することになるだろう新たな危機は、おそらく全ての日本人にとって我が身に直接差し迫ってくる危機として実感されることになるような気がしてならない。

もしそう遠くない将来において日本が決定的な破局を迎えることがあるとすれば、日本がそこまでに至る道程を後世の人々が語る文脈に於いて、今回の「フクシマ」はいくつものエピソードのうちの一つとして、ただし日本が破局に至った理由をとりわけ分かり易い形で示す象徴的なエピソードとして語られることになるだろう。一方で3・11震災そのものは、人類の歴史上何度となく起こったあまたの災害の中のひとつとして歴史という絵画の後景に退くことになる。しかしそれでも3・11震災は、「それ以前から既に引火性ガスの充満した危険状態にあった日本の政治的・経済的破局の引き金をついに引いた大災害であった」という歴史的意味を持つことになるのかもしれない。

どうやら、日本という既に転落を始めていた岩は、今回の地震と津波によって助勢され、そればかりか岩ごと「放射能まみれ」になってもはや誰にも手のつけられない(あるいは手をつけたくない)ものになったような気がしてならないが、それにしたところで、これから先に起こる出来事次第では誰もが「あれくらいのことは全然大したことではなかったな」と思うようなこともあるかもしれぬし、ないかもしれぬ。

ここまで読んでみて「悲観的に過ぎるのではないか」と思われる人もおられるかもしれないのでいちおう付け加えておくと、私自身はそれが悲観的に過ぎるとは思わない。事実、楽観的な見方でないと言われればその通りだが、それでも私は、一般に個々の人間の「意志」が事の行く末に影響を及ぼす可能性を完全には否定しないという点でまだまだ楽観的である ((V.E.フランクルはこう書いている。「強制収容所を経験した人は誰でも、バラックの中をこちらでは優しい言葉、あちらでは最後のパンの一片を与えて通って行く人間の姿を知っているのである。」)) 。仮に私が悲観的であるとすれば、それは3・11が日本の退路を既に断ってしまったと見なしているところだろうか。私の目には、3・11によって日本の選択肢が単に狭まったというよりも、もはや選択肢そのものが失われたことによって(もし日本が「今までの流れ」に逆らうつもりが無いのであれば)唯一残された道は意を決して身を投げることだけという状況に追い詰められたように見える。

広告

3・11 はコメントを受け付けていません。

光陰矢のごとし(短文)

Posted in 備忘録 by UBSGW on 2008年1月19日

一日々々が「えっ」というまに過ぎていく。光陰矢のごとし。
ユダヤ人としてナチスの迫害を受けたV・フランクルが、強制収容所では一日が無限に長いのに対してもっと長い期間(一週間とか1カ月とか)は極端に短く感じるという趣旨のことを『夜と霧』で書いていた。
それに引き比べてみれば、私のように一日も短く一週間もまた短く感じるというのはある意味で幸せなことなのかもしれない。とはいえ、もったいないもったいない、という気はするのだなぁ・・・。
少年老い易く学成り難し。

Tagged with:

光陰矢のごとし(短文) はコメントを受け付けていません。

ハシゴ論もどき

Posted in 行政 by UBSGW on 2008年1月4日

「一貫した主張」だとか「首尾一貫」といえばおよそ「良いこと」だと考えるのがフツウのことなのだろうけれど、これらの「フツウのこと」を一度は疑ってみるというのが私の”一貫した”思考態度である。したがって私自身は「一貫性」「首尾一貫した態度」を必ずしも否定的に評価する者ではない。ただ、「一貫した一貫性」だとか「いつでもどこでも首尾一貫している」などというものが仮にあった(いた)としたら、そうしたものには大いに疑問を感じるのだということなのだ。ん、これではわかりにくかもしれない。

人がある事象(物事)を理解しようとするとき、そこに首尾一貫した法則を見いだすことができれば話はたいそう簡単だ。水は低きに流れ、水は火を消す。一貫した法則、原理原則、論理性、お定まりのルール、べつに何と呼んでもよい。ところで、大昔のこと、水が火をあおり、石が燃えたとき、きっと人は驚いただろう。そして未だ人知の及ばぬことは腐るほどある(はず)。今も昔も「現代人」はなかなか自分の無知を理解しがたい。「現代人の盲目」はつねに人間につきまとう。昔の人の無知を憫笑しつつ己の知性に誇りを抱く。それどころか「かのクニでは・・・」などと同時代人にすら教えを垂れることさえある。おそらく無知の知の実践者は「永遠のマイノリティ」というべきかもしれぬ。もっとも、そうでなければこまる。誰もが鍬を棄て思索にふけってしまうようになれば食うものも食えなくなるのだから(これは野人の僻目か?)。

それはともかくとして、論理性なんてものは単なるハシゴではないだろうか。事象を理解するための(二階に昇るための)ただの道具。建物(事象)に立てかけ、仮設してスルリスルリと昇っていくための道具。ときには例外的超人がハシゴを使わず一気に上の階に(下の階でもよし)跳躍することもあるが、べつに彼はその一部始終を解説する必要はない、彼がそれを望まなければ。おそらくアインシュタインは自らの跳躍を物理学の法則で解説し、ドストエフスキーは物語という道具を用いて解説した。そういう風には考えられないか。まずヴィジョンありき。

たとえ偉大な科学者たちが首尾一貫を旨とする論理を用いることで、ある事象を解説できたのだとしても、それは論理すなわちハシゴを積み重ねてゆくことによって上の階に到達できたのだと言うわけにはいくまい。もし誰かが「ハシゴを積み重ねてゆけば上に辿り着ける」と言ったとしたら、彼は「魔法の杖を一振りすれば願い事がなんでも叶う」と信じるオカルティストと呼ばれて然るべきだろう。そしてじつは、合理主義者を自称するオカルティストはそれほど珍しくないかもしれぬ。

ハシゴを魔法の杖と信じるオカルティストと並び称されるべきは「事実コレクター」だろうか。(それ自体真偽不明の)事実の欠片を集めれば集めるほど真実に近づけると信じ切った狂信者たち。むろん彼らが後生大事にしたがる欠片が本当に真実の欠片であるなら望みはまだあるのかもしれないが、多くの場合真実の欠片なんてものはこの世に存在しない。「真実は一つ」とはなにもこの世のあらゆる事象に各々にただ一つの真実がそなわっているということを意味しているわけではない(そんなこともあるのかもしれないが)。おそらく「真実は一つ」という言葉は、真実とは「一にして全」なのだということを表現している。人間が掴みうることのない生の実相、人間の営みの総体(全体)は常に真実である(そうであって欲しい)、と、そういうことを表現しているのではないだろうか。そういう風には考えられないのか。結局のところ、「真実は一つ」という言葉はひとつの信仰告白以上のものではない、というのが私の考えである。私たちにできるのは、自らの認識力には限界があるということを受け入れ、観念したうえで、牛のようなのろのろとした足どりで行けるところまで行くということのように思われてならない。

このように只でさえ困難な道のりを、まるで足りない頭でひねり出した筋書き通りに進もうとするなんてことは、一言で言えば愚行ということになるだろう。愚か者にかぎって口を開けば大言壮語、とはよくある話。見たいものだけを見、聞きたいものだけを聞き、辻褄を合わせ、地図を描き直し、果てはまるであさっての方向へ突っ走る阿呆。周囲に何もないひらけた場所でハシゴを立てようと四苦八苦、ようやく立ったところで二つ目のハシゴを重ねようとまた四苦八苦。さらに三つ目のハシゴを・・・。重ねれば重ねるほどに不安定になっていく一連のハシゴ。こんなものはほんの一突きであっというまに崩れ去るのは眼に見えている。そんな馬鹿なことをやっているということにすら気づかない奇妙な合理主義者、合理性「原理」主義者がこの世にいないと言えるだろうか。疑問。

論理のうちに人間を住まわせることはできない(これだと「当然だろ」と言われそうだな)ということをどのように表現したものかと考えていたところちょうど良いのに出会った。

「与えられた事態にある態度をとる人間の最後の自由、をとることはできない」

フランクル『夜と霧 ~ドイツ強制収容所の体験記録』みすず書房 P166

与えられたどのような事態に対しても各人がそれぞれ(きわめて限定的な選択肢の中からではあれ)任意の態度を選択できるという「人間の最後の自由」を奪いとることは誰にもできない。

人間に与えられたこうした自由を考慮しない、歪(いびつ)な「論理の階梯」は、ときとして人をあらぬところへ連れ去るのである。ユダヤ人虐殺に見られる人間の傲慢さは、いまも、そこかしこにある。

ところで、
当然だと思っていたことがそうでなくなるからこそ「コペルニクス的転回」と言うはずなのだが。小さな穴でもその気になれば結構いろんなものが見えてくる。
「北方事件:佐賀県警が鑑定細工か」(毎日jp)
こんなものは些細な綻びに過ぎないだろう。推して知るべし。